« 寝込んでました | トップページ | セレブらしいよ »

2005年12月18日 (日)

「萌え」は「をかし」である

 いろんなところで「萌え論」を読んだり聞いたりしたんだけどね。
 これが一番しっくりした。

 不二草紙さんの「萌え=をかし論」
たとえば、枕草子における「をかし」。これは明らかに「萌え〜」ですよ。「趣がある」なんて訳すからダメなんだって。その点、橋本治さんが「ステキ」と訳したのは、彼ならではの先見の明と言えます。ただ、その頃は残念ながら「萌え」という言葉がなかった。今の私が「オタク語訳枕草子」を書くとしたら(ってなんじゃそりゃ)、「春はあけぼのが萌え〜」ってしますね。だって、「春はあけぼの」って、かなりマニアックでしょ。「春は宵」がマジョリティーですから。もうかなりオタク文化入ってます。しかも女流のオタクだあ。

 僕は以前から「萌えというのは、男の中にある『少女的センス』だ」と言ってるんだけど、「をかし」と解いたほうがずっとわかりやすくエレガントな説明だと思う。
 おまけにテキストとして使われている「萌えキャラを描こう」がまた素晴らしすぎ(笑)
 いや、マジで夏目さんとか竹熊さんとか村上隆さんは、もうこれ読むだけでいいんじゃないの!?と思いますよ。

|

« 寝込んでました | トップページ | セレブらしいよ »

コメント

岡田先生おはようございます。
不二草紙の蘊恥庵庵主です。
朝起きたらこんなことになっていて、び、びっくり。
私の愚説をこんな形で引用していただきまして、全くもって恐縮です。ハイ。
萌え=をかし論は、ブログのいろんなところに散在しております。
近いうちにしっかりまとめたいと思ってますので、しばらくはあちこち探してみて下さい。
ああ、それにしてもびっくり。
ありがとうございました。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2005年12月19日 (月) 08時34分

萌え=をかし論、すごくしっくり来ました。

そこから少し妄想するに、ある程度の生活水準に達した後に向かう「あそび」な部分を愛でまくる衝動みたいなモノを言い表すのに、その時代時代で違う言葉で呼ばれていた、そんな具合なのかな、とも。

風物を愛で、違う時代では茶器を愛で(最近「へうげもの」というマンガにはまってまして)、2005年現在では…。

やっぱり、連綿と続くモノなんでしょうか。

投稿: 縦横(たてよこ) | 2005年12月20日 (火) 12時13分

岡田先生、こんにちは。
不二草紙の蘊恥庵庵主です。
ワタクシのブログの方に、「物語(モノ・コト)論」「萌え(オタク)論」というカテゴリーを作りました。
「萌え=をかし」は私の物語論から派生した考えですので、このようなまとめかたをしました。
よろしかったら御覧ください。そして、いろいろとご教示ください!
あと、この場をお借りして、
>縦横さん
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2005/03/f.htmlにそのようなことを書いていました。参考までに。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2005年12月20日 (火) 15時57分

岡田さん、こんばんは。
むかしの人が風景を見て受けた感情を、現在のひとが、絵を見て受ける感じと、同列に感じるのは、不思議な感じがしました。

投稿: そや | 2005年12月20日 (火) 18時05分

ここは夏目さん家ではないので、きっと言葉尻が良い程度で、"="記号で繋いでも良い、温い温い世界なのでしょう。

投稿: un | 2005年12月20日 (火) 22時17分

性的な意味合いも含まれてると思うので
少女的なセンスだけでは片づけきれないと思います。

投稿: さぎやま | 2005年12月24日 (土) 00時08分

「萌え=をかし」、萌えのわからないエロマンガ家としては参考になりました~。
「萌えキャラを描こう」も読んでみますー。
もっとも口の悪い同業者には「そんな本を読んでいる時点で君には萌えを分かる資質がないー」と小馬鹿にされそうですが(苦笑)

「性的な意味合いも含まれていると思われる」との、さぎやまさん指摘の部分には同感です。アニメやゲームのギャルキャラ見て男子が「萌え萌え」言ってるのと女子がファンシーなグッズ見て「萌え萌え」言ってるのも同じ次元でくくれちゃうものなんでしょうか?

締め切り前で萌えの分からないエロマンガ家、悩みは尽きません,トホホ。

投稿: 牧部かたる | 2005年12月24日 (土) 07時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「萌え」は「をかし」である:

» [オタク] 「萌え」は「をかし」である [昨日の風はどんなのだっけ?]
「春はあけぼのが萌え〜」というのは素晴らしい概念、目から鱗落ちまくり素晴らしい。これはいわゆるヲタク的な文脈だけでなく使われる場合、例えば「スーパーホーネットの血統に萌え」とか「マンセーボの首の傾き萌え」とか「ノリヲーラに萌え萌え」とかの説明にもなりますよ、スポーツを語るときに“萌え”という言葉を使うときにも、この説明は使えますよ、素晴らしい。 (岡田斗司夫のプチクリ日記) ... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 18時33分

» 「枕草子=萌え」はどっかで聞いた気もする [dandelion]
「萌え」は「をかし」である ああ、全くもってその通りだわ。 ここ最近すっきりしなかったことに解答が出た気がした。 「萌え」とか「オタク」という言葉がすっかり大量消費されてる昨今ですが、 そのせいか解釈が拡大されてしまって定義が分からなくなってると思う....... [続きを読む]

受信: 2005年12月20日 (火) 02時03分

« 寝込んでました | トップページ | セレブらしいよ »