« トンカツを食べたい日もあるさ | トップページ | 「助走」 ダイエットの開始前に »

2007年4月 8日 (日)

レコーディング・ダイエットとはナニか?(その1)

 自分なりのダイエットを発表するんだから、名前をつけなくては、と考えた。
 僕がもっと有名なタレントか文化人なら「オカダ式」とかそういうのでも良かったろう。だけど残念ながらマイナーな物書きとしては、自分の知名度を信じるわけにはいかない。

 耳新しいネーミングなら、体重を30キロも落とすことから「メガダイエット」。
 名前に凝らないのなら、カロリー制限することから「カロリーダイエット」。
 
 いろいろ考えたんだけど、あんまり奇をてらわずに「名は体を現す」というか、ネーミングがダイエット法そのものをあらわすのがいいだろう、と思ったわけ。
 その結果決めたのが、今のところ「レコーディング・ダイエット」または「レコード・ダイエット」である。
 
 レコーディングというのは、要するに「記録する」ということ。今までブログで書いたりテレビで語ってきたのは「一日1500キロカロリーだけ食べる」という部分なんだけど、実はこれは僕のダイエット法の本質ではない。
 本質は記録すること、すなわちレコーディングにあるのだ。
 
 たとえば、僕のある日の食事内容はこうだ。
 
朝食 9時 豆乳・野菜ジュースで248kcal
昼食 10時半 ハンバーガー、珈琲で505kcal
間食 トマトジュース、珈琲、バナナ みかんで170kcal
夕食 20時 ご飯70g、白菜さつま揚げ、鶏レンコン、豚汁、納豆で550kcal
一日合計の摂取カロリー 合計で1473kcal

 食事回数と分量が少ないのは、豆乳野菜ジュース効果で「お腹がいっぱいになりやすい体」に体質改善できたから。
 でも、たぶんこれを見た人は「え~、食事ごとにカロリー計算するの?面倒くさそう~」と思うだろう。
 そう、その通り。食事ごとにする。
 それどころか、前日にあらかじめ翌日分の食事内容とカロリー数をだいたい見積もって、それを守るようにするわけだ。
 
 意志力の弱い僕がここまでダイエットできたのは、この「可能な限り記録をとる」というダイエット法を守れたからだと確信している。だからこそ、記録をとること、すなわちレコーディングこそ最も効率のいいダイエット法だ、と言い切れるのだ。
 特にいま、このブログを見ているような人、つまりネット環境にあって、ブログやmixiとかをやってる人には最適の手段であると思う。
 ああ、今夜もまた長くなっちゃった。
 続きはまた。

|

« トンカツを食べたい日もあるさ | トップページ | 「助走」 ダイエットの開始前に »

コメント

レコーディングダイエットってそういう意味だったんですね。
前の記事を読んでいて、カロリーダイエットが本質だと思ってました。
以前gooダイエットを使って体重変化を記録してあると読んだような気がしたんですけど、カロリーの記録にも何かツールを使ってるのでしょうか?

投稿: tee | 2007年4月 8日 (日) 23時47分

>teeさん
あいかわらず、gooダイエットを使って記録しています。あとは「万歩計」と「体脂肪率計付きの体重計」ぐらいかなぁ。

投稿: 岡田斗司夫 | 2007年4月 9日 (月) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155469/14608713

この記事へのトラックバック一覧です: レコーディング・ダイエットとはナニか?(その1):

» [オタク][ブログ]ダイエット成功の秘訣は「記録」 [オタクの目]
 いまだからいうが、今年の正月過ぎの時点で、私の体重は95〓もあった。実際に体重計を購入して計ってみるまで、さすがにそこまであるとは思っていなかったのでかなりショックだった。  で、そもそもその時、なぜ体重計を購入したのかというと、地下鉄の駅の階段を上る... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 17時59分

» レコーディングダイエット? [体重減少日記 (^^)/]
オタク評論家?の岡田斗司夫氏が再びダイエットにはまっているようです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 23時02分

« トンカツを食べたい日もあるさ | トップページ | 「助走」 ダイエットの開始前に »