« こんな人も実践中らしい | トップページ | このメモ帳でヤセる »

2008年2月28日 (木)

科学を楽しむ携帯サイト

携帯で驚異の科学の世界へ!
「王立科学博物館」のサイトがオープンしました。

 
 2008年は、人類が再び宇宙へ挑戦する記念すべき年になりそうです。
 
 20世紀に月を制覇したアメリカは、次の目標・火星を調査しています。そしてついに、火星に水(氷)とメタンを発見しました。はたして火星生物は存在するのか?
 いっぽう中国は来年に新しい探査衛星を月に向かって発射します。最新の研究では、月は資源のまさに宝庫とも言われています。
 欧州は水星への探査計画、中でも英国は独自に有人探査計画まで踏み出そうとしています。
 
 いま、なぜ宇宙なのか?英国のイアン・ピアソン科学大臣は「これからの数十年で、宇宙開発によって得られる成果は、予想をはるかに上回るものとなる」と語っています。宇宙開発によって天然資源だけでなく、人的資源や技術イノベーションの爆発的増加が予想されているわけですね。
 
 日本も負けていません!2月23日には世界に誇るH2Aロケットで超高速インターネット衛星「きずな」の打ち上げにも成功。宇宙開発レースのトップグループに遅れず併走しています。
 20世紀における米ソの宇宙競争とは違い、最近の特徴は「民間企業の参入」でしょう。「宇宙ツアー代理店」「宇宙ホテル」「宇宙ウェディング」など最近のニュースで取り上げられただけでも、この産業の若さと可能性に胸がときめきます。
 
 21世紀のいま、本当に「宇宙の時代」がやってきたのです。
 
 携帯公式科学サイト『王立科学博物館』は、そんな宇宙に関する情報や、自然科学や生命の驚異などを、多数の画像で紹介します。もちろん僕も執筆陣の一人として、科学や自然、宇宙のおもしろ話をコラム形式で語っていくつもりです。
 できるだけ多くの人に楽しんでもらえるように、全キャリア対応の本格サイトにしていただきました。ぜひ遊びに来てください。
 
 岡田斗司夫

◆携帯公式科学サイト『王立科学博物館』◆
http://science-museum.mobi
○iモード:メニュー/検索>TV/ラジオ/雑誌/>雑誌
○ソフトバンク:メニューリスト>趣味・レジャー>バラエティー
○KDDI:Ezwebトップ>カテゴリー検索>TV・ラジオ・マガジン>マガジン

Qrcode

|

« こんな人も実践中らしい | トップページ | このメモ帳でヤセる »