« 体重グラフを書こう! | トップページ | 経営論的ダイエット考(未完) »

2009年6月 1日 (月)

経営論的ダイエット考(その1)

 レコーディング・ダイエットに成功した理由や思いついた理由、いろいろツラツラと考えてみたんだけど、僕が「経営者である」というのも大いに関係してると思う。自分の体を経営するという意識に近いんだよね。
 このあたりのニュアンス、なかなか説明しにくいけど、なんとか言語化してみよう。

 僕たちは普通、「自分」というのを単一の意志を持った存在だと考えてしまう。だから「自分のことはコントロールできて当たり前」「自分のことは自分でわかって当たり前」と、どうしても思ってしまう。
 しかし、現実にはそうではない。人は自分でも思いがけない行動を取るし、矛盾したことだって言う。本音も何種類もあるし、何段階もあるのがあたりまえだ。「本音と建て前」みたいに、たった二段階しかない単純な人なんてほとんどいないだろう。

 なので、僕は人間というのを「小さな会社」だと捉えている。僕たちひとり一人は”社長”かもしれないけど、会社のすべてに目を配れるわけではない。営業はこっそりさぼってるかも知れない。社長の知らないところで派閥対立があるかもしれない。
 「自分」という存在を「意志や理性でコントロールできるはず」「できて当たり前。できない俺はダメな奴」と考えるから苦しいんじゃないかな。

 そうじゃなくて、僕たちは”ワンマン社長”でしかないから、朝礼で「一日1500kcalしか食べないぞ!」と自分の中の部下たちに号令をかけても守ってくれない。そう考えた方が「自分」という存在がリアルに把握できると思う。
 僕たちの心の中で起きる矛盾や葛藤を、「小さな会社」と考えてみる。そうすると、まず一番大事なのが「各部署の意思疎通」であったり「社長の経営方針の徹底」だったりすることがわかる。

 レコーディング・ダイエット第一段階の「助走」は、まず自分の会社のデータ集めだ。
 「自分が食べたモノぐらいわかってるよ。いちいちメモつけなくてもいいよ」と思っちゃうのは、ワンマン社長が「俺の会社のことは、俺が全部わかってる。社員の言うことなんか聞かなくてもいい」とうそぶいてるのと同じなんだ。
 まず、謙虚に各部署の話を聞く。それが「助走」の食事メモと体重記録の段階だ。

 この段階で「まだ食事を減らすな」と僕が言う理由もわかるよね?
 部署ごとに聞き込みしてる最中に、社長が説教しだしたらダメなんだよ。まず、一度すべて受け入れて聞き出す。ここから社長業はスタートするわけ。

 う~ん、この話、わりと長くなっちゃうぞ。ブログで書いて大丈夫かな?
 不安になりながらも、明日へと続く!

|

« 体重グラフを書こう! | トップページ | 経営論的ダイエット考(未完) »

コメント

明日の内容も楽しみにしています♪ ヽ(´▽`)ノ

投稿: 斉藤 | 2009年6月 1日 (月) 01時35分

この話すごく面白いです、ダイエット以外にも応用できますね。これで新書一冊になりそうですけど、ブログで書いてくれるのが嬉しいです。

投稿: | 2009年6月 1日 (月) 03時41分

岡田さんの本で20キロ痩せました!
ブログも楽しみにしてます!

でも本か雑誌で書けばそれなりに売れるのにもったいないとか思ったり!

投稿: loveone | 2009年6月 1日 (月) 06時39分

2度目のコメントです。
ダイエットに関心のない私が、なぜこんなに岡田さんのレコーディングダイエットの話に魅かれるのか、少しわかりました。

「太る努力をやめよう」という言葉にビビッと来たのは、自分の生活の中で、いらないものを捨てたい、って考えていたからなんですよね。

あと、私はいくつか持病を抱えているので、病気を治す(あるいは病気をつきあっていく)ために、「自分の体で実験してデータをとる」とか、「自分の身体をひとつの小さな会社と考えて、経営する」という考え方に、すごく納得したんです。
続きが楽しみです!


投稿: Moon | 2009年6月 1日 (月) 12時35分

以前、途中報告のメール差し上げた者です。

今日、目標体重の69kgに到達しました!
岡田さんのおかげで44kgもやせることができて、とても感謝しています。

ブログの更新、とても楽しみにしています。
岡田さんの文章には力があります。

どうもありがとうございました。

投稿: ピヤくん | 2009年6月 1日 (月) 15時10分

岡田さん、はじめまして。
『いつまでもデブと思うなよ』、大変興味深く読ませていただいております。
どうすればデブから解放されるかについて、ここまで詳しく、分かりやすく書かれた本を他に知りません。
本当にありがとうございます。
じっくり読んで、岡田さんのダイエット哲学をマスターしたいと思います。

僕の人生はこれまで、ハッキリ言って、“うまいものをたらふく食いたい”という欲求と“デブちんはいやだー”という理性との格闘の日々でした。
今までに3回、20〜30kgの減量に成功しましたが、すべて「ひたすら食わない」という根性作戦でしたので、ギリギリまでガマンして、プッツンしてやめるの繰り返しでした。そして、その後には強烈なリバウンドです。体重を落とすのは簡単だと分かっているので、ストレスがたまるとドカ食いして、さらに体重が増えるという悪循環…

岡田さんの本をきっかけに、食を楽しみながら永久に太らない自分を目指したいです。
ブログの方も、大変参考になります。
いろいろお忙しいと思いますが、楽しみにしております。

また、書き込みますので、よろしくおねがいします(^o^)/

投稿: ふりすぴ | 2009年6月 1日 (月) 19時08分

私も岡田先生の本を読ませていただいて
93kgあった体重が1年で68kgになりました。

68kgに落ちてから、1年間リバウンドもしていません。
本当に感謝しております。

私は年に3度献血に行っています。
その度に検査成績という、血液の聖化学検査の結果のハガキが
送ってくるのですが、93kgの時と68kgの現在の
生化学検査の数値がかなり変わってて嬉しい状況です。

体質も健康的になり、本当に嬉しく思っています!!

今回のブログの記事も興味深く面白かったです!!
続きがとても楽しみです!!

投稿: イトコジ | 2009年6月 1日 (月) 19時17分

6月1日というきりのよさから今日からレコーディングを始めました。
まだまだ、レコーディングになれなくDSのやついいな~iPhone版でないかな~と思いつつiPhoneのメモ機能に口に入ったものをとりあえずレコーディングしています。
まずは、レコーディングをしっかりするということを目標に楽しんでレコーディングをしていきたいと思います。

投稿: | 2009年6月 2日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155469/45197660

この記事へのトラックバック一覧です: 経営論的ダイエット考(その1):

» 産後ダイエット│産後スリムに戻った秘密 [産後ダイエット│産後スリムに戻った秘密]
出産後、体型・体重が戻らない方のための産後ダイエットサイトです [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 03時41分

« 体重グラフを書こう! | トップページ | 経営論的ダイエット考(未完) »