« ホットドッグは食べられなかったけど・・・ | トップページ | 「美味しいものを!」はメンド臭い? »

2009年6月30日 (火)

TV向けじゃないダイエット

 最近、困ってることがある。
 いや、困ってるわけじゃないな。贅沢な悩みと言えば、たしかに贅沢なんだから。

 悩みというのは、テレビ取材のことだ。
 ありがたいことに、いまだにレコーディング・ダイエットに関してはTVや雑誌の取材が多い。昨日もあるテレビ局からダイエット番組の企画を打診された。

 テレビ局というのは「旬の話題」にこだわる。彼らにしてみれば「最新のダイエット法」「誰も知らないダイエット法」で企画を組みたいに違いない。
 だから本当のことを言えば、テレビ局の都合だけで考えたら、レコーディング・ダイエットなんて取り上げたくないに決まってる。

 2007年8月に「いつまでもデブと思うなよ」を発売してから、もうすぐ丸2年だ。ほぼ同時期にビリーズ・ブート・キャンプがあって、少し後には朝バナナダイエットが評判になった。
 もちろんこれらの減量法にはいまだファンもいる。しかし正直な話、当時は好意的なコメントもしてくれた医療の専門家たちも、いまでは「朝にバナナ食べても痩せません」とはっきり言い切ってしまってる。
 納豆ダイエットやキャベツダイエット、世間で流行ったダイエット法ほど、忘れられるのも早い。
 それに比べて、レコーディング・ダイエットの寿命は驚くほど長いのだ。考えてみたら、これほど長持ちしたダイエット法は、日本では空前でないだろうか。

 専門家の支持が高いのも特徴だ。
 今回の企画に関しても、おそらく食事系ダイエットでは最強、というお墨付きがいろんな専門家から出されている、という事実があるからこそだろう。

 とまぁ、これだけでは別に悩みでもなんでもない。問題は「レコーディング・ダイエットをTV番組で出すべきかどうか」だ。
 TV番組の企画だから、そんなに長期取材ができるわけじゃない。せいぜい1~2週間、頑張っても1~2ヶ月だ。正直、レコーディング・ダイエットの真価は、その程度の日数だったら発揮できない。
 僕自身がリバウンドしていない最大の理由は「内面の変化」「生活習慣そのものの変化」があるからだけど、この変化にはやっぱり最低でも6ヶ月はかかる。もちろん1~2週間で「気づく」だろうけど、それが心の底に沁みて、無意識の習慣化するまでにはやはり2シーズン以上はかかるのだ。
 おまけに、その最大の成果もしょせんは「心の内側の変化」、つまりテレビには映りにくい。
 考えれば考えるほど、レコーディング・ダイエットはTV向けじゃないダイエット法なのだ。
 夜中に焼き肉を食べたいときは、これを食べ合わせれば大丈夫!みたいなダイエット法の方が、ずっとキャッチーでテレビ向きなんだよね。

 だからといって、TV番組の企画を断るのもなぁ、と考えてしまう。
 いまレコーディング・ダイエットをしている人、すでに成功した人の中には、TVで紹介されたのを見てはじめた人だっていっぱいいる。そもそも、紹介されなければそういうダイエット法があること自身、知りようもないのだ。

 そもそも、TV局が「旬の話題」「最新のダイエット法」にばかり注目するのは、彼らだけの責任じゃない。我々日本人が古来持っている民族的な特質として「新しもの好き」「流行りもの好き」という性格なのだ。
 だからレコーディング・ダイエットだって、常に最低限のメディア露出をしていないと「古い=悪い、劣っている」と決めつけられてしまう。
 たとえ不本意な露出や紹介になってしまう可能性があっても、それを恐れて尻込みするのは良くないんじゃないか、と思ってるわけ。

 ね、「贅沢な悩み」でしょ?
 でも当人にとっては「良心」とか「客観的な判断」とか「最大数の最大幸福」とか、いろいろゴチャゴチャ考えなきゃいけない問題なわけでね。つまり疲れるんです。

 じゃ、今日はここまで。
 また明日ね。

|

« ホットドッグは食べられなかったけど・・・ | トップページ | 「美味しいものを!」はメンド臭い? »

コメント

いつもこのブログを大変楽しく読ませていただいております。

レコーディングダイエット歴一年で5キロ痩せて安心してしまい、
軌道に乗れず地球に帰ってのんびりしておりました。
今は気合い入れ直して再助走中です。

少しリバウンドしかかって地球に帰っていることに気づきました。

今回のリバウンドは「もうスカウター無しでも大丈夫!」って足元見ずに調子乗ってしまい失敗した感じです。

自炊の方が色々と後で自分の為になるだろうと、
減量以外の理由もあって自炊しているのですが、
いまいちカロリーを把握しきれておりません。

でも、結果でいうと、また離陸しかかった今で十分に体重コントロールの手応えはあります
(^_^;)

レコーディングダイエットは時間かかってもいいから絶対痩せたい!という方には最適だと思います。

早くとなると個人差がしい気もしますけど。

私は『気づき』と『葛藤』と『問題解決』と『受け入れ』の繰り返しですが、
そうやって一つづつ自分の問題を解決することが、
ダイエットだけではなく色々と人生の役に立つような気がします。

なのでレコーディングダイエットが色々なところで紹介されると嬉しいです。

期待しております!

投稿: ながつき | 2009年7月 1日 (水) 03時05分

楽してやせようとして、さんざん失敗してきた私には
レコーディング・ダイエットに出会えた事が本当にラッキー!
私がレコダイを知ったきっかけは、このブログが一番最初でした。
更新されるたびに目から鱗がポロリと落ちていきます。

投稿: ぽるか | 2009年7月 1日 (水) 08時29分

ほんとに!
テレビでレコダイ見るたび同じこと思っていました。
取材期間にもそれなりに痩せて効果があがるけどもっと先に体も心もすごく変わるのになーって。

私は約1年で36kg落とせて(目標まであと20kg減ですが…)いろんなことがとても変わりました。
前はすごく太っていて「いまさらダイエットなんて無理」ってあきらめていたけど、途中ですがダイエットが成功しつつある今は街で太っている娘をみるたびに痩せられるよ、変われるよって言いたくなってます。

森三中・村上さんをチェックしつつ…良いかたちでこれからもレコダイが広がってゆくのを期待しています。

投稿: hm | 2009年7月 1日 (水) 09時41分


いつもブログを楽しませていただいています。

おかげさまで、私も97kgから77kgまでダイエットに成功し、あと8kgの減量をもくろんでいます。
とはいうものの、もうすでに『デブ』の範囲は脱しており、標準体型(の最も太っている部類ですがw)になってしまってからはモチベーションがダウン気味で困っています。

とは言うものの、痩せた理由をしつこく聞かれたり、風貌が変わりすぎて気付いてもらえなかったりと、うれしい悲鳴をあげております。

また、奇しくも、誕生日が私と同じ7月1日でしたので、コメントさせていただきました^^

お誕生日おめでとうございます!1日遅れで、ごめんなさい><

投稿: 樫内慶太 | 2009年7月 2日 (木) 21時12分

こんにちわ(^o^;
私はレコーディングダイエットを3回やって失敗しています(Тωヽ)

長く続かないんですが、どうしたらいいんでしょうか??

投稿: 桜 | 2009年7月10日 (金) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155469/45499600

この記事へのトラックバック一覧です: TV向けじゃないダイエット:

« ホットドッグは食べられなかったけど・・・ | トップページ | 「美味しいものを!」はメンド臭い? »